質屋の保証期間

質屋の質流れとなった商品は、どれくらいの保証期間があるのでしょうか?基本的にメーカーの保証期間を引き継ぐというのが一般的ですが、物によっては中古の場合保証が効かなくなるというケースや、保証期間が過ぎているケース、また、保証そのものがないケースがあります。

ですから、そうした製品を安心して買ってもらうために、特に大手や全国区の質屋では、独自の保証期間を設けているところがあるそうです。

これはリサイクルショップでも一般的にこうした保証を行っているようです。

昔は中古品・質流れ品と言えば、壊れても仕方が無い・当たり前という考え方が一般的でしたが、近年のリサイクルブームにより、中古品であっても保証を求める動きが広まっていきました。

もちろん、その保証期間を価格に含められているわけですが、消費者側としては安心が買えるのであれば安いものではないでしょうか。

実際の保証期間ですが、質屋によって異なるのと、物品によって異なりますので、一概に決まったものがあるわけではありません。

ただ、質屋によっては、あらかじめ定めた物がありますから、質流れ品を買う際には確認することをお勧めします。

もし、あなたが質草を持ち込む可能性があれば、保証書の有無は査定に直結するのだと覚えておきましょう。

自分がその質草を買うときの事を思えば、当然のことですよね。



Comments are Closed