公益質屋とは

皆さんは、公益質屋という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

その名の通り公益、つまり社会福祉事業として行われていた質屋のことを指します。

既に法律は2000年に廃止されていますが、市町村や社会福祉法人によって運営されていました。

その特徴は、民間の業者の場合よりも低い利率であることと、質流れまでの期間が長いことが挙げられます。

また、利率については、半年単位で計算されるなど、民間の業者とは様々な点で利用しやすくなっています。

その歴史は古く、昭和2年から法律が施行されています。

基本的に、公益質屋は福祉事業ですから、利益を求めることはありません。

むしろ、設置においては国から補助があったといいます。

その目的は低所得者の援助ですから、低金利などが設定されていたわけですね。

こうした公益質屋は、今やほとんど残っていませんが、地域によっては跡として保管されていることがあります。

有名な跡地は、沖縄の伊江島という所にあります。

コンクリートで作られた建物は、今ではでは戦争の跡地として、観光名所になっているそうです。

もし沖縄に行く機会があれば、ぜひ行っておきたいポイントだと思います。



Comments are Closed